タグ別アーカイブ: 税金

クラウドファンディングの税金は?

皆さん、こんにちは!

やっとクラウドファンディングの税金の仕組みが分かりました。

サラリーマンの場合給料以外の所得(証券会社の特定口座の源泉徴収有りは別)が20万円を越えると確定申告が必要になります。

私が引っ掛かっていたのはクラウドファンディングの分配金の源泉徴収ですがそもそもそもそも証券会社の特定口座の源泉徴収有りとは違うものでした。

所得の課税は総合課税と分離課税に別れていてクラウドファンディングは総合課税に入ります。

因みに証券会社の特定口座源泉徴収有りは分離課税でこの口座での取引はすべての税金が支払われ、この口座内で完結します。

総合課税とは所得を総合して課税する方式でクラウドファンディング等の分配金は雑所得になります。そしてこの分配金は源泉徴収されるのですが、ここでの源泉徴収は所得税金のみで、住民税は源泉徴収されていないようです。

なので給料以外の所得が20万円以上ある場合は確定申告が必要になるようです。

いい忘れていましたが、融資型のクラウドファンディングの税金のお話で購入型、寄付型、は金銭のリターンが無いので、確定申告は有りません!

確定申告が面倒方は証券会社での株式投資や投資信託等をオススメします。証券会社はもちろんSBI証券会社がオススメ!

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI

SBI証券[旧イー・トレード証券]

夢の街グループホームページはこちらからどうぞ!

夢の街グループブログはブログ村ランキングに参加しています。バナーをポチっとお願いいたします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

特定口座・源泉徴収有りとは?

PR

皆さん、こんにちは!

今回は株式投資や投資信託などの口座を作る時に選択できる。特定口座について話したいと思います。

特定口座とは確定申告における事務負担を軽減するための口座で「年間取引報告書」を作ってくれる制度です。

証券会社で口座を作る際に先ずは「一般口座」と「特定口座」を選ぶ時に上記の理由で特定口座を選びます。

因みに一般口座は取引の売買単位で税金を自分で計算し、申告する口座なので、詳しく無い人は確定申告の際に大変なので選ばない様にしましょう!

特定口座を選ぶと更に「源泉徴収なし」と「源泉徴収有り」を選ぶ様に成ります。この源泉徴収とは、事業者(ここでは証券会社)が税金を計算し納めてくれる制度です。

なので、年末調整で株の損失を経常する場合はなしを撰ぶのですが、面倒な税金の仕組みがわからない人や確定申告に行かないで済ませたい人は「源泉徴収有り」を選びましょう!

又、副業禁止のサラリーマンも「源泉徴収有り」にしましょう。投資が副業が否かは別として、副業が会社にばれる理由の1つが税金です。

サラリーマンの税金は証券会社の源泉徴収と同様に源泉徴収という制度でおこないます。

会社が社員に支払った給料や交通費などを計算し税務署に申告し税務署で他の収入(アルバイトや投資の源泉徴収なし口座)と合算し税額が決定し会社に報告され翌年に給料から差し引かれて支払うシステムです。

なぜばれるのかと言うと会社内で同じくらいの給料の人と税金の金額を比べた時の差で副収入が有ることが判り会社にばれる様です。

アルバイトはアルバイト先が誰に支払ったかを税務署に申告、アフィリエイト等もASPが税金を申告する際に報酬を誰にいくら払ったか申告するので、報酬を受け取った人に税金が来ますが、あくまで税務署に申告するので、勤めている会社にどこからの収入かは判りません。

副業がばれるのはこれだけが原因ではないので限定は出来ないですが、これが有力だそうです。

夢の街グループホームページはこちらからどうぞ!

夢の街グループはブログランキングに参加しています。バナーをポチっとお願いいたします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ

にほんブログ村

PR

楽天銀行と楽天証券の口座を作ってポイントで投資を始めませんか?