wpid-32LGCt8r_RD4J3e1564098903_1564099018.png

「7つの習慣」理解したようで全然理解していなかった(^ー^;A

皆さん、こんにちは!

人生をハッピーにするための計画「ハッピーライフ計画」を「7つの習慣」を元に進めています。

手帳に自分の時間を欠くことで自分の時間を確保出来ました。

で、これからの事を考えてみました。そうするとある問題が出て来ました( ̄▽ ̄;)これをたどると・・・

やっぱりここなのね!

自分でもよ〜く解っていることです。この問題を解決しないとね、今まで逃げていた事です。

この問題は結果次第では今までの生活が無くなる可能性のある重要な問題です。

「人間関係」それは近ければ近いほど大変な事です。強い人間関係を築く事が出来れば問題の大小に関係なく関わっている人達全員で解決出来るでしょう。

しかし人間関係が弱いと、乗り越えるどころか、問題の解決の第一歩が誰が悪いのか?なんてところから始まる訳です。

同じ方向を向いて同じ目的を持って進まないといけないのですが、それ自体(良い人間関係を築く事)を必要と思っていない人に話をしても騙そうとしているとか思われてしまい話さえ聞いてくれない訳です。

なので、話の仕方やタイミングを考えないといけないのです。今回は自分の考えや、方向性を話したうえで問題を話し、解決方法を話し合い、話した結果を記録しようと思っています。



皆さん、今の話を聞いてそこまでしなきゃいけないの?って思った方も多いかも知れませんが、悩みの重さと言うか深さ?重要度は人それぞれ違います。

あまり重要と思っていないと直ぐに忘れてしまいます。それにその事が原因で他の問題が発生した場合に話し合った事と違う認識に置き換えてしまったりします。

記録は私の中でのミッション・ステートメントになるのかな?記録して置くことは大切です。

例えば副業で毎日10時迄に仕入れた商品が届くように仕入れ業者と私が約束をしたとします。

多少の前後は渋滞などを考えて、しょうがないと思って遅れても仕入れの業者に私は注意をしなかったとします。そうすると、仕入れ業者は段々と10時にくらいに持って行けば良かったんだっけ?と思ってしまいます。

それが進むと11時くらいまでは大丈夫!更に午前中に持って行けば・・・

と成ります。まぁここまでなる前に最近遅いって言うとは思いますがね、私はは10時に持ってきてもらい午前中に商品を納品したいと思っているのですが流石に間に合わなくなりそうなので仕入れ業者に10時までに持ってくる約束の話をすると・・・

10時くらいに持ってくればいいって言っていた!なんて話に成ります。

それで、私の所に仕入れする前にギリギリ間に合う取引先に1件寄る配送ルートに変えてしまっていたりします。

新しい取引先に寄るので10時迄に持ってこれない!なんて事に成りかねません。

最初に10時迄に配送する事が記録として残っていれば、言った!言わない!なんて問題も発生しない訳です。




ちょっとした甘さや人を思いやる行為の結果が最後には思わぬ事態を引き起こす事も在るんです。恐ろしいでしょ?

話は戻りますが、「親しき仲にも礼儀あり」て言葉があるように親しいからこそきっちりとしないといけません。

親しいからここまではやってもらえると思って甘える人は最初にここまでと決めた所が段々とずれていきます。甘えていると思っている部分が普通にやって貰える事と思ってしまうんです。

あっ!

今、気付いたのですが私が「7つの習慣」を前回読んだ時に「7つの習慣」は出来ないと思ったのがここだ!




そうなんです。「親しき仲にも礼儀あり」って、どこまで許してどこからは許さないのか?これも自分で決めていれば、ここから先は私はやらないと断れる訳なんですね、そうか?

私はまだ、「7つの習慣」を全然分かっていない様です。

( ̄▽ ̄;)( ̄0 ̄;)(^ー^;A

(; ̄Д ̄)?( TДT)

m(__)m

暫く色々な事を考えてみよ・・・

 

れでは皆さん、今日もハッピーな1日を過ごしましょう!

 

夢の街グループホームページはURL:http://walleve.netからどうぞ!

夢の街グループ総合ブログはブログランキングに参加しています。

バナーをポチっとお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



PR




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>